DiwariYOGA

vol.1 ヨガで大切なこと

こんにちは、あきです。

Webサイトをオープンするにあたり、コラムをはじめてみることにしました。

以前からご存じのとおりブログはやっていますが、わたしのふざけた日常生活の話が多く、

(まあそれもいいんだけど)

ヨガにもっとクローズアップして深くそしてたのしく、かつ真面目に(ここ重要だッ!)

語っていきたいとおもう所存であります。

 

さて、第一回。

「ヨガで大切なこと」

 

なんでしょうね。

個人差あって当然だとおもうのですが・・・

 

わたしなりのところと、よく言われるところをざっくりと書いていきましょう。

 

●呼吸

そうね。これね、呼吸。

ヨガは鼻呼吸が基本だけれども、それにこだわる必要もないと思っていて、

苦しければ口でもオッケーよ。

とかなんとか、呼吸は本当に難しく、奥が深いので、次回にでも詳しく書きましょうね。

ただ、大きな声で言いたいのは、ポーズよりも呼吸です。

呼吸が荒くなっても、フンッて止めないようにね。

 

●ポーズ(アサナ)をとる

ご存知、ヨガポーズ。どうやら動植物の数だけポーズは存在し、なおかついまだに増え続けているので

何億?何千?とあるらしいですよ。

ここでのポイントは、

「目に見える派手なところばかりに気を取られない」

というところかなと思います。

 

手が高くきれいに挙がってる とか

めっちゃ深く倒れてる とか

脚が開いてる とか

つまり、これは他人のポーズを見ていてわかることなんだよね。

自分のポーズはどのくらい手が挙がってるなんてわかんないはずなのですよ。

それを隣のお姉さんと比べて、自分はどうか?なんて考えるのは

なんともったいない!!

 

自分の姿(ポーズ)は自分では目に見えません。

そのポーズをとってみて、「体や心がどう感じるか」に重きを置いてほしいなとわたしはおもっています。

 

●休息

はい、おやすみ。

いいよねーおやすみって。

でも、いつもヨガの最後に寝かされる時間って、無駄に感じちゃう人っていませんか?

「わたしはポーズをやって、体を引き締めたいのにーーーっ」 て思っている方はこんな風に感じるかもしれません。

 

これもまたもったいないわ!

こう考えてはいかがでしょう。

 

「最後のおやすみ(シャバアーサナ)のためにポーズをとる」

 

人は寝て休んでいるときに、自己治癒力でいろいろな部分が自然と調整されます。

ポーズで体を動かしやすくし、最後のおやすみでその動かしやすくなった力を利用して、

はじめてそこで体がリラックスしたり、筋肉や骨が調整されると考えてみてください。

ね、おやすみも無駄じゃないでしょ~

 

●食事

ごはんはちゃんと食べましょう。

もう、これしかありません。

 

ヨガ的には神聖な食べ物、というものがあります。

それはベジタリアン的な食事ということになるのですが、

家族がいたりするとなかなか実践は難しいですよね~~

ですので、

「わたしたちは命をいただいている」ということに感謝して、

色々なものをいただきましょうね。

無理な減量はだめよー

 

●自分と他人を慈しむ

最後に大きな話になってきました。

 

ヨガをすると、知らなかった自分に気が付くことがあります。

いや、気が付いてほしい。

 

自分ってこんなに運動不足だったんだ、

ここをのばすと気持ちがいいなぁ、

この姿勢は嫌だわ、

などなど、自分の声に耳を傾けてみてください。

 

すると、自分に無理をさせるのがかわいそうに思えたりします。

または、がんばってる自分を褒めてあげたくなります。

「自尊心が向上する」という言葉が当てはまるでしょうか。

 

自分を大切にできると、人にも優しくなれます。きっと。

sign

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>