DiwariYOGA

vol.9 おうちでヨガのすすめ

 

こんにちは、あきです。
猛烈に気まぐれに更新しています、よがこらむ。
みなさんのナイスヨガライフ
もとい! ナイス人生(ヨガつまり人生だから)のアイディアになればうれしい・・な。
 
さて、今回はヨガをおうちでやろうかな?という方に向けてのtipsです。
 
 
 

 

●ヨガはスタジオで?おうちで?

 ヨガをやろうっ!

と思い立った時、どこで、どのようにやりますか?やりたいですか?

 

選択肢としては、大きく2つに分かれますね。

①ヨガスタジオなど外に出る

②自宅

 
メリットとデメリットを見てみましょうか。
 
①ヨガスタジオなど外に出る場合の◎×
 ◎ やる気になりやすい、気分が乗りやすい、備品の準備をしなくてもいい、仲間がいる
 × 他人が気になる、服装やお化粧を気にしないといけない、天候に左右される
 
②自宅の場合の◎×
 ◎ どんな服装・すっぴんでもできる、周りを気にせず気楽にできる、一人の世界に入りやすい
 × 気分が乗りにくい、さぼりがちになる、ちょっと孤独
 
①の外へ出る場合は、グループレッスンと個人レッスンがあります。
②の自宅でのヨガの場合は、先生に出張してもらう場合と、自分ひとりでやる場合がありますね。
 
どうでしょう?自分に合いそうなのはどちらでしょう??
わたし個人の意見としては、はじめは外に出てみてグループレッスンを受けてみると様子がわかると思います。そこで「なんとなく合う/合わない」がわかると思うので、方向性が見えてくるかな。
 
もちろんはじめから「自宅でやりたいんだ」と決めてもいいと思います。その場合も、はじめは先生に教えてもらうのがおすすめ。
ヨガは伝統的に先生から弟子へと口伝で教えられてきたものなので、伝統に則ったほうが良さそうよね。本やDVD、最近ではYoutubeでもヨガを目にしますが
呼吸や体のことなど、直接見てもらったほうがいいこともあります。本では分からないことが多すぎるし、はじめっからDVDはハードルが高い!Youtubeも同様。
 
ヨガの伝統の話が出たので触れておくと、その昔は先生と生徒はマンツーマンが基本スタイルでした。
更に古いところでは、先生のアーサナ(ポーズ)や呼吸を見て、自分で学ぶ(実践する)! そんなスタイルでもあったようです。伝統工芸の職人みたいな感じ。
 
ヨガは他者と比べるものではなく、ましてや人に見せるためのものではないので、最終的には「とても個人的なもの」になってくる。
とすると、厳しい言い方だけど、いつまでもヨガスタジオに通って、先生のガイドやきれいな音楽がないとヨガができないというのは、ヨガではないということになるよね。
他者(先生や場所)あってこそのヨガは、真のヨガではないということですね。
 
ということで、はじめから自宅でのヨガを視野に入れてやってみると、おいおいそれが生かされて、きっと真のヨガに近づける。うん。
 
おうちでのヨガのいいところをもう少し見てみましょう。
 
 
 

●おうちdeヨガのいいところ

 わたしがヨガを始めたとき、まずはスポーツクラブやヨガスタジオに通いました。そこで紹介されたDVDを手に入れまして、おうちヨガに移行しはじめました。
この時点で何がよかったかというと、
 
お金がかからないこと!
 
これに尽きます(笑)
 
すると、ヨガ=お金がかかる というイメージがなくなるので、とても身近に感じることができました。身近に感じ始めると、ヨガをどんどんやりたくなります。ラジオ体操的な、とても気楽なものになるんですね。
「ヨガは気楽なもの」というイメージが出来上がると、あとは適当に好きな時にやってみるだけ。なんせ気楽なんだもの、アーサナだって、呼吸だってもんのすごく適当。
 
でも、時々スタジオに行って先生の指導を受けると、やっぱり違う!先生凄い!って思いました。
 
勉強に例えると
自習と教室(学校) みたいな感じかな。
 
おうちでヨガができるようになると、ヨガ自体が特別なものではなくなります。服だってパジャマだし、アーサナがうまくいかなくたって全然OK。
 
ヨガってこのくらい楽チンなものなんですよ。
そしたらスタジオ通いも続けられそうじゃない?
 
 
 

●おうちヨガプログラムのつくり方

「おうちでヨガやったらもっと続けられるかも!」
「なんでも辞めちゃうわたしでもできそう!」
 
だよねーー
 
じゃあ、どんな風にやりましょか??
 
 
まずはね、3ポーズがおすすめ。これだとだいたい10分でできる。
 
「え?10分なんてヨガやってると言えるの??」
 
 
ノンノン!!それが思い違いなんですYO!
ヨガやるなら60分ビッチリやらないといけない という思い込みがヨガを遠ざけるんですね。
 
とりあえずは3ポーズやってみる!これだけ!
 
何をやるのかは、先生に相談してみるといいかな。先生によっては「こうゆうのをおうちでやってみるといいよ」とクラス内に組み込んでくれるので、それも参考にしましょう。
 
ポイントはね
 
自分が得意なもの、気持ちいいもの をやること
 
 「わたしはここが固いからこれをやらないと・・」なあんて決して思ってはいけまてん!ナンセンス!
ヨガをおうちでやるときくらいは 〇〇やるべき 〇〇を直すべき から離れましょ。
 
 
 

●動画を活用しよう!

おうちヨガはたった3ポーズ 10分
 
というのが分かったところで、続けられそうな気がしてきたあなた。
でももっと長くやりたい日もありそうだよね。
そんな時は!! DO-GA! 動画です。
 
DVDやYoutubeはここで活用しましょう~~~
 
 
ここだけの話(笑) DVDは綿本彰先生がおすすめです。
外国人の先生もモノによるけど、ちょっと説明がわかりにくいかな。
でも、わたしはロドニーイー先生のを愛用してました。
 
そ・し・て!!
 
わたしもYoutubeチャンネルがありますっっ!
 
 
いまだ太陽礼拝しかないけれど(汗  今後充実していく予定です。
 
 

 

●ヨガは自分を見つめるものだから・・・

どうでしょう??
おうちでヨガをやったら良さそうじゃない?
 
ヨガスタジオなどに通うのがダメだと言っているのではなくて、ヨガは自分のためだけのもので、自分を見つめるものだってこと。
たとえそれが尊敬していて大好きな先生のクラスだとしても、他者は他者。自分の世界からしたら異物であることも真実。
 
そして、自分ひとりで、ちょっと孤独を感じながらヨガをする時間も必要だということです。
その孤独が心地よく、必要だと思ったときに、はじめて「自分のヨガができた」っていえるんじゃないかと思っています。
 
ヨガは気楽なものだから、ぜひ続けてみてね。 
 
 
またねん。
sign

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>